2003年春、イングリッシュファ-ムは少人数制英語学習塾として杉並区阿佐ヶ谷南に 開校しました。以来、国私立難関校をはじめ、多くの合格者を輩出しています。 長年にわたって生徒を指導していてつくづく思うことがあります。それは最近の生徒た ちが英語の学習に対しても、自分の将来像について考えてもらっても一昔前より実は 意欲的な点です。今の生徒たちは自分に対しても大人に対しても、また社会の様々な 出来事に対しても積極的です。しかし、残念なことに新しく入塾してきた生徒の多くは これらに上手く対処する術を知りません。更に、勉強することがなぜ大切なのかをもう 少し理解してほしいと感じることも多くあります。意欲的でも、一昔前に比べて“勉強” でがんばれる場面が少なくなってきているのではないかと感じています。
 “明日を夢見て今日を懸命に生きよう”なんて言葉を口に出すと、“古臭いよ、先生”とまで言われてしまいそうですが、今も昔も変わらない大切なことですし、学習することの大切さもまた、昔も今も変わっていないはずです。
 イングリッシュファームでは、昔からある大切なことと、“今”必要なことをバランス良く、効率的に、楽しく、そして常に集中して英語を学習できる“本物の塾”を目指し指導にあたっています。将来のキャリア形成へ向けて、素質だけではなく、素養を身につけてほしい。英語の学習は将来に向けて視野を広げてくれるだけでなく、個人の判断力や決断力そして理解と判断のプロセスを鍛えてくれるとても素晴らしい学問です。後に自分の大きな財産となるはずです。受験、内部進学他、進路に合わせて、がんばれる場面が必要と感じた時に足を運んでいただけたら幸いです。そして自分の本当の力を発見して欲しいのです。